カテゴリ: 【不定期連載】

アジフライ付き520円定食を注文、コスパ最高!

ごはん600g+からあげ30個の定食あり



 こんにちは!様々な街の食事処を巡る不定期連載。第3回は豊島区役所から67分にあるからあげ専門店「天下鳥ます」です

 夏の猛暑も、
9月半ばを迎えた今となっては“懐かしい”感じさえいたします。とはいえ、疲れの出やすい季節だけに、体調管理は怠りなくしたいものです。

 そこで、美味しいものを食べようと、豊島区役所での取材の帰途、「天下鳥ます」に一直線…。「池袋東口店」で持ち帰りの「特製からあげ弁当」にしようと一瞬思ったけれど、その近くにある「からあげ酒場(池袋東口店)」に向かいました。

 このあたりは、行列のできるラーメン店や新興勢力のローストビーフてんこ盛りの店など、ランチの激戦区。いい香りも漂うし、若い店員の掛け声も聞こえてきます。それでも浮気心を封印して、「からあげ酒場」のあるビル2階に駆け上がりました。

 メニューをご紹介しましょう。定番の「からあげ定食」(520円)をはじめ、「コロから」(からあげ3個+コロッケ1個ほか、520円)、「魚フライとからあげ定食」(からあげ3個+白身魚フライ1枚ほか、520円)、「からあげタルタル丼セット」(500円)などいろいろ。驚きなのは、「超鬼スペシャル定食」(ごはん600g、からあげ30個、魚フライ、みそ汁、ポテサラ大盛り、キャベツ大盛り、小鉢付き、1,380円)。

 そんな中から「アジフライとからあげ定食」を注文。ごはん200g、からあげ3個+アジフライ1枚、それに、ほかの定食同様、みそ汁、ポテサラ、キャベツ、小鉢がついて520円です。アジフライやポテサラはそんなに大きくないものの、ワンコイン+20円にしては良心的な内容です。


11①

大満足のアジフライとからあげ定食(520円)



 からあげ専門店だけに、からあげは当然おいしい。いわゆるジューシーな感じで、塩味も濃くなく優しい味でした。


11②
「ごちそうさまでした」今日も完食です


個人的には、サイズ感を求めるなら「八丁堀食堂」(中央区八丁堀)のからあげ定食、表面カリッカリッで塩味濃いめを求めるならタンメン専門店「トナリ」(千代田区、TOKIAビル)のからあげ(たんめんとからあげセットで「タンカラ」と呼ぶ)などがお勧めですが、コスパの点では天下鳥ますの得点はとても高いと思います。

 店舗は全40席。有名・無名?タレントの色紙が50枚くらい壁にびっしり貼ってあるのには驚かされました。周りのお客さんは、ワイシャツ姿の会社員風の男性がほとんどで、あとは学生風がちらほら。「超鬼スペシャル定食」をオーダーする人が現れないものかと期待していたのですが、とうとう出現しませんでした。

 「お前が注文しろ!?」。ごはん600g、からあげ30個…は無理です。

 

※「天下鳥ます」を経営するアジアンアキンド(本社・豊島区高田)の代表取締役、松井理悦さんのインタビュー記事は、『池袋15´6月号(通巻215号)に掲載されております。以下、一部抜粋します。

 

25歳のときに創業。商号に「天下取ったるでぇ」の意気込みを表し、国内に19店を展開。5年後にはフランチャイズ店も含めて「100店舗体制を築きたい」考え。海外市場の開拓にも意欲的で、昨年出店したカンボジア・プノンペンの2店に続き、今年3月にはタイ・バンコク店をオープンした。

※その後、93日に赤羽店(北区赤羽西1-40-1 )をオープン

 美味しゅうございました!

【店舗情報】
「天下鳥ます からあげ酒場 池袋東口店」

170-0013 東京都豊島区東池袋1-23-5-1 新大同ビル2

営業時間 11:0024:00(ラストオーダー フード 23:15/ドリンク23:30

定休日  無休(2017911日現在)

 こんにちは!

様々な街の食事処を巡る不定期連載。第2回は「池袋」駅東口の五差路近くで、6月にオープンした「池袋肉劇場」です。

 大阪・道頓堀や兵庫・尼崎など関西に
9店舗を構える有名店「肉劇場」(事業会社=肉ゲキジョー)。黄色い看板に黒い文字が印象的で、すぐにお店が分かりました。肉のどんぶりという珍しさ、しかも東日本では初の出店ということもあってか、いつも混んでいます。

午後1時過ぎに“突撃”し、定番のハラミ(横隔膜のあたり)、カルビ(あばら骨あたり)、鶏セセリ(首の部位)の3種盛り「劇場丼」(1,000円)を注文しました(券売機でチケットを購入する仕組み)。

 1階のカウンター席は満席のため通されたのは2階。こちらもビジネスパースンや学生ら10数人ができ上がりを待っている状態。甘口、普通、辛口、激辛、にんにく系、ショウガ系など12種類の中からタレを決め、あとは冷たい水を飲んで待つ…。10数分後ようやく、注文したショウガ辛口だれの肉丼が着丼しました。


4①
         劇場丼 1,000円(スープ・ナムル付き)


 まず、やさしい口当たりの塩味系スープをいただいた後、ハラミ→カルビ→鶏セセリ→もやしナムル(無料)というローテンションで食べました。肉は口に入れやすい適度な大きさにカットされ、どれも柔らかめ。濃い目のタレはそれほどの刺激は感じられませんでしたので、コチュジャン(唐辛子味噌)?を入れましたが、甘ーい感じ。結局、15分ほどで完食しました。


4②

           3種盛りの「劇場丼」。あっという間に完食



 
以前、大阪に勤務していたことがありますが、「肉劇場」の味や雰囲気はどことなく関西風”と感じました。「ごちそうさま」といってドアを開けたら、やはりそこは池袋でしたが…。


 美味しゅうございました!

【予告】『池袋15’10月号(920日発行)SHOP欄で紹介予定


【店舗情報】
「池袋肉劇場」
〒170-0013 東京都
豊島区東池袋1-2-11-1・2F(東口の五差路近く)
営業時間 11:0023:00
定休日  不定休

22 ラーメン①

          西武池袋線・都営大江戸線「練馬」駅北口徒歩5
            綺麗な紫の看板と店頭の牡蠣の殻が目印



 こんにちは!
様々な街の食事処を巡る不定期連載。第1回は「練馬」駅が最寄りのラーメン屋「はないち」です。9月には国分寺で2号店がオープンするということで、そちらの準備も忙しそうでした(スタッフ募集中です笑)。


22 ラーメン②
              しおらーめん 780円※写真は太麺


 気配り上手なスタッフの方々と牡蠣や鶏を使用したスープが印象的なお店。麺を太麺と細麺から選べるので、同じスープでも違いを味わえますよ!


22 ラーメン③
           スタッフの伊藤さんは笑顔と気配りが抜群

22 ラーメン④
DSC_0013②
         オススメはしおラーメン(780円)と海老塩麺(900円)


 美味しゅうございました!

【店舗情報】
「はないち」
・〒176-0001 東京都練馬区練馬2-2-18 ハイツ練馬1F
・営業時間 月~金曜日   11:00~16:00/18:00~24:00(ラストオーダー 23:30)
        土曜日   11:00~24:00(ラストオーダー 23:30)
        日曜、祝日 11:00~22:00(ラストオーダー 21:30)
・定休日    火曜日 ※第5火曜日、火曜日が祝日の場合は営業

↑このページのトップヘ