カテゴリ: 【イベント情報】

 秋恒例、今年も池袋に祭りの季節がやってきました。前半の目玉は、いうまでもなく23日(土)からの「第50回ふくろ祭り」となります。そして、後半には107日(土)の「踊りの祭典」と、翌8()の「東京よさこいコンテスト」が続きます。

 参加するもよし、熱気を肌で感じるもよし、です。
(『池袋15’』担当の一人が豊島区在住のため、その者のコメントも掲載します)

以下は、豊島区広報課発のニュースリリースです)

今年で50周年!「ふくろ祭り」が923日より開催

~「Festival Wedding」を初開催!50周年記念の
オリジナル楽曲で総踊りも披露~

21①-1 21①-2
毎年盛り上がる「御輿の祭典」と「東京よさこい」(提供:豊島区)


923()より、豊島区の秋の祭典「第50回ふくろ祭り」が開催される。1968年に「池袋を活気ある街にしたい」という地元住民の思いからはじまり、今では区内最大級のイベントへ成長。今年で開催50周年という節目の年を迎えた。

 「ふくろ祭り」は、毎年9月下旬に前半を、10月上旬に後半を開催する。今年の前半は、923()の「ふくろ祭り前夜祭」にはじまり、924()に「御輿の祭典」を行う。後半は、107()に「踊りの祭典」、108日(日)に「東京よさこいコンテスト」が実施される。

 今回、50周年記念として、2つの特別企画を用意している。

 1つ目は、923日の「ふくろ祭り前夜祭」にて初めて開催される「Festival Wedding」だ。これは、一般公募で選ばれたアイディアで、池袋にゆかりのある二人がお祭り会場で人前結婚式を行うというユニークなもの。前夜祭のオープニングセレモニーの一つとして、池袋西口公園会場にて午後2時から行われる。

 2つ目は、50周年を記念して作られた楽曲「ひふみ」のお披露目だ。「ひふみ…」で始まる数え言葉をモチーフにした和テイストの楽曲で、「東京よさこいコンテスト」のクライマックスで参加チーム全員が踊る「総踊り」に使用される。踊り手全員による迫力ある演舞は必見だ。

前半の見どころは、924日の「御輿パレード」。特に、「宵御輿大パレード」には、地元の町会・同好会の大御輿13基が参加。約3000人もの担ぎ手が、自慢の御輿を威勢よく担ぎ、池袋駅西口周辺が人と御輿で埋め尽くされる様子は圧巻だ。

後半は108日の「第18回 東京よさこいコンテスト」で、どのチームが大賞に輝くかが注目される。参加チームは年々増加傾向にあり、今年は全国から111チームが集結。本場・高知のよさこいをベースに、独自のアレンジを加えた踊りと、工夫を凝らした華やかな衣装が見どころだ。今回は、昨年で5連覇を果たしたチーム「しん」(東京都)が殿堂入りとなり、審査対象外(エキシビションでの特別参加)となるため、混戦が予想される。当日は、11時から区内8会場にて、各チームが自慢の踊りを競い合う。午後6時半には、池袋駅西口のアゼリア通りで表彰式が行われ、大賞が発表される。

50周年を迎え、踊りや御輿、音楽、さらに結婚式と、ますます盛り上がる「ふくろ祭り」をぜひ楽しんでいただきたい。

 

(豊島区在住の女性担当)

50年の歴史が物語るように、池袋が一年でもっとも盛り上がる大きなお祭りです。大型御輿13基からなる「宵御輿パレード」の担ぎ手はなんと3,500人を超えるそうです。威勢の良い声を響かせながら神輿を担ぐ姿は、男女を問わずかっこ良くて思わず見惚れてしまいます。いつもとはまた違う、熱気に包まれた池袋に繰り出してみてはいかがでしょうか。

21①-3
ふくろ祭りのホームページ(http://www.yosakoitokyo.gr.jp/

15⑤

原画展開催にあたり林家木久扇さん()と信田朋嗣さん()が参加してのイベントが開かれた
(915日、神田明神)


 豊島区、練馬区、千代田区などを中心に、「東京」は今やまんが・アニメの世界的な聖地となっています。ファンも若年層にとどまらず、ミドルからシニアにまで広がりを見せていますが、そうした中で、主にシニア世代向けの時代劇漫画誌『COMIC魂』(こん)が、出版社の「はちどり」から創刊されることになり、915日に神田明神(千代田区)を会場に、お披露目の記者会見が行われました。
 
ゲストは、林家木久扇さんと漫画・アニメ分野のプロデューサー信田朋嗣さんのお二人。「笑点」メンバーとして知られる木久扇さんはもともと漫画家志望で、今でもラーメン天狗などの漫画を描いており、今後は「オリンピックもあり(日本文化が注目されていることから)ちゃんばらものなどで世界に打っていきたい」と冗談をまじえて抱負を語りました。
15④

木久扇さんは1週間ほど前に描いた作品(上の写真左)を前に、
「笑点メンバーで絵が描ける本物のタレント」と自画自賛


 『COMIC魂』の新創刊にあたり、神田明神・祭務所地下ホールで原画展が16()から19()まで開催されます(17日を除く)。展示作家は、『COMIC魂』にも登場する手塚治虫、石ノ森章太郎、叶精作、池上遼一、林家木久扇の5名。入場無料。余談ですが、入場前には参拝はした方がよいでしょう。

 『COMIC魂』はB5判。Vol.1は、原画展の5大作家ほか、池波正太郎原作作品や黒崎裕一郎原作の「必殺シリーズ」、「半七捕物長」など豪華ラインナップが特徴です。555(税別)919日発売です。

15③

王、福本、金田、衣笠…見どころいっぱいの博物館


プロ野球のペナントレースは終盤戦を迎え“熱気”に包まれていますが、東京ドーム内にある「野球殿堂博物館」も熱ーい雰囲気が漂っています。なぜかというと、東京オリンピック5年前の1959625日、後楽園球場で開かれた巨人―阪神による天覧試合で、長嶋茂雄内野手が村山実投手から左翼ポール際に劇的なサヨナラホームランを打ったときのバットが飾られているのです!!

15②

“ミスター”が天覧試合で使ったバットTeam Treasures

 

 これは98日から開催されている「プロ野球・東京のロストボールパーク」というイベントの目玉企画。野球ファンなら必見です。

「プロ野球・東京のロストボールパーク」の中身をご紹介すると…。後楽園スタヂアム、駒澤野球場、東京スタジアムなど、かつてプロ野球の会場として使われていた都内の野球場を、写真や当時のユニホーム、バット、ボールなどで楽しませてくれます(会期は1119日まで)。

野球ファンなら一度は足を運んでみては…。昭和時代の熱気が伝わってくるかもしれません。

 

※『池袋15´10月号<大人の遠足 第12回>で、野球殿堂博物館やその周辺の見どころをご紹介します。

 

【野球殿堂博物館】

■文京区後楽1-3-61(東京ドーム21ゲート右)

■JR・都営地下鉄「水道橋」駅徒歩5分、東京メトロ「後楽園」駅徒歩5

■休館日=月曜日(祝日、東京ドーム野球開催日、春・夏休み期間中は開館)、年末年始(1229日~11日)

■入場料=大人600円、高校・大学生400円、小・中学生200円ほか

23

         今年も盛り上がりそうな東京大塚阿波おどり(提供:豊島区)



826()に、「第45回東京大塚阿波おどり」が大塚駅周辺にて開催されます。主催者の東京大塚阿波おどり実行委員会によると、今年は区内外の19連が参加するそうです。豊島区役所職員有志による区役所連(新規採用職員11名を含む総勢約100)も参加するとのことです。

「東京大塚阿波おどり」は、昭和461971)年に始まって以来、毎年8月下旬に行われている都内でも歴史あるお祭り。今では毎年1,000人以上の踊り手が参加し、15万人以上の観客が訪れる「熱気あふれる地域の伝統行事」(主催者)として定着しています。

今年の見どころは、5月にリニューアルオープンしたばかりの大塚駅南口の駅前広場「TRAM(トラン)パル大塚」にて行われる「組踊り」。「組踊り」とは、演舞場など一定の区画にて、各連が個性豊かなフォーメーションやアレンジで構成する踊りのことです昨年まで南大塚大通りの一区画で実施していましたが、今回初めて大塚駅前で開催されることになりました。


時 間:1630分~2030分、踊りは17時~20時まで。

場 所:JR大塚」駅南口周辺

前夜祭:825()1730分~、南大塚ホール

22①

              講師の結城俊也さん



練馬区は21日、923()午後2時から、区立大泉図書館(大泉学園町2丁目)で、「ライブラリハビリ活動」講演会を開催すると発表しました。

講師は、『認知症予防におすすめ図書館利用術』の著者で、各地で健康医療講座を開催している専門理学療法士、介護支援専門員の結城俊也さん。

「ライブラリハビリ活動」とは、結城さんの造語で、ライブラリー(図書館)でリハビリテーションの知見を広め、地域住民の健康づくりに貢献する活動のこと。「図書館とリハビリテーション双方の専門家が従来の枠を超えてコラボレーションできれば」という思いが込められているそうです。

定員50(先着順)。申し込みは大泉図書館の窓口、または電話(0339210991)。入場無料。

区の担当者は、「超高齢社会を迎え、高齢者や認知症に関する図書館サービスが話題になっています。高齢者層の利用が多い大泉図書館で、練馬区での先駆けとなればと思い企画しました。中学生以上から参加できますので、多くの方に、この講座を通して図書館が認知症予防に役立つことを知ってほしいと思います」と話しています。

↑このページのトップヘ