カテゴリ: 【『池袋15'』ニュース】

8①
8②

生まれ変わる池袋西口公園の完成イメージ(提供:豊島区)



 豊島区は96日(水)、高野之夫区長の月例記者会見を区庁舎で開き、「池袋西口公園」を大改修し、クラシックコンサートや演劇などに使用することができる“劇場公園”を創出すると発表しました。お隣の東京芸術劇場(4劇場)に続く「第5の劇場」と位置づけ、芸術劇場と連携を図る考えです。

 計画書を提出した8社の中から、三菱地所設計・ランドスケープ・プラス共同企業体(代表企業=三菱地所設計)の案が選ばれ、同企業体を受託事業者として選定。提案された計画によると直径約40㍍の円形スタイルを基本とし、外周に高さ611㍍の6連のリングを設置。中央部のステージ(直径13㍍)上には屋根を取り付け雨天時に対応。最大収容人員は1,500名を想定しています。

 来年8月までに基本・実施設計を終え、20191月に着工し、11月をメドに開園。事業費については現段階では「未定」としていますが、高野区長は「かなりの金額になる。経済効果も期待でき先行投資になる」と話しています

 区では現在、昨年4月にリニューアルオープンした南池袋公園に続き、中池袋公園(2019年リニューアルオープン予定)、造幣局跡地に予定している新公園(2020年オープン予定)の整備計画を進めています。今回の西口公園を加えた「池袋駅4公園」を「まちづくりの中心とし、新たな文化・にぎわいの拠点とする」(高野区長)考え。区では電気自動車(EV)型のバス運行の計画も浮上していますが、この4公園を巡回させることも検討する方針です。

 今回の公園の整備で、問題点もいくつか見えてきました。具体的には、①複数の劇場を設ける東口の「ハレザ池袋」の整備が進むなか、劇場の需要に対してオーバーキャパシティーにならないのか、②音楽コンサートでの活用を想定しているが、小屋根を整備するものの屋外型のため雨天時の使用は厳しいのではないか、③多様な人々が集う公園本来の機能が損なわれてしまうのではないか、といった点です。

 公園が整備されることに異存のある人は少ないでしょう。だからこそ、こうした課題については計画・運用段階でていねいな説明が必要になってくると思われます。

(『池袋15´10月号 「今月のニュース」でも掲載予定=内容は一部異なります)

「紫雲荘」(しうんそう)という豊島区南長崎のアパートをご存知ですか。赤塚不二夫さんが、トキワ荘とは別に借りていたトキワ壮近くのアパートです。トキワ荘はすでに取り壊され、今は再興計画が進められているのに対し、紫雲荘は現存しています。

ときわ荘とともに、まんがの聖地・南長崎の象徴的建物なのですが、このアパートを活用し、若手の漫画家を支援する「紫雲荘活用プロジェクト」から、3期生のマンガ家がデビューを果たしました。

(以下、豊島区が発表したニュースリリースを添付します)


紫雲荘活用プロジェクト3期生の立藤さんがマンガ家デビュー!


7①

        一段の飛躍が期待される立藤ともひろさん



「紫雲荘活用プロジェクト」の3期生・立藤ともひろさん(24)の作品が、WEB漫画サイト「少年ジャンプ+(プラス)」に掲載され、マンガ家デビューを果たした。

紫雲荘は、トキワ荘だけでは手狭になった赤塚不二夫が住居兼仕事場としてトキワ荘と同時に借りた、今も現存するアパート。区と地域は、平成232011)年から、この紫雲荘を活用してマンガ家を目指す若者をまちぐるみで応援する「紫雲荘活用プロジェクト」を展開中だ。月額家賃4万円のうち、二分の一の2万円が最長3年間補助される仕組みで、現在、3期生3名が入居し日々創作活動に励んでいる。

立藤さんは福岡県飯塚市出身。幼い頃からマンガが好きで、就職という人生の転機を目の前にして、初めてペンを取った。賞に届かなければ諦めようと思っていたが、その作品が第77回小学館新人コミック大賞にて佳作を受賞。その後、「紫雲荘活用プロジェクト」の2期生で、マンガ家デビューを果たした梶川岳さんのTwitterより同プロジェクトの存在を知り、今年4月に福岡から上京した。

今回掲載されたのは、『くらげちゃんの初恋』という55ページの読み切り作品。触れたものの姿や記憶までも写し取ることができる謎の生物が、人間の少女と出会い、やがて恋をする物語だ。切ないストーリーと柔らかく瑞々しいタッチの絵柄が特徴的で、掲載後、Twitter等に応援や感想の声が寄せられている。

 作品について立藤さんは、「このお話は紫雲荘に来てから思いつきました。公開後、わざわざTwitterを見つけて感想を下さった読者もいて、嬉しかったです」とコメント。

「紫雲荘活用プロジェクト」については、3期生の募集を知った際、「これしかない」と直感したという。同じ3期生の2人について、「今回の原稿も、最後の5日間くらい寝食をともにして手伝ってくれました。すごく助けられていて、刺激にもなり、いつも原稿の作業が楽しいです」と語り、ライバルでありながら良き仲間として切磋琢磨している様子だ。

 現在は、マンガ家のアシスタントの仕事をしつつ、次回作の構想を練っている。「マンガ家になるというぼんやりした夢が、紫雲荘に来てから現実と地続きになってきた感じ。これからも、人の心の中の感情を映すような作品を描いていきたい」と意気込みを語った。

 

作品は下記ホームページにて閲覧できる。少年ジャンプ+ http://shonenjumpplus.com/episode/13932016480028966684

10③
  区庁舎内で会見した高野之夫豊島区長と東武百貨店池袋本店の守徹本店長


 豊島区と東武百貨店池袋本店は88日、「女性にやさしいまちづくり」を公民連携で進めていくことを目的に、区庁舎で「FFパートナーシップ協定」を締結しました。

 
第一弾として812()13()の両日、東武百貨店池袋本店25番地の特設会場で、3歳児以上を対象にした遊びのイベント「TOBU de あそびシリーズ スタンプでこどものまちをつくろう」を開きます。定員は2日間で80名、参加費は700円。

FFパートナーシップのFFは、FemaleFamilyFriendlyを意味しています。「女性にやさしいまちづくり」を念頭に、子育て支援、健康増進、働き方改革、防災などさまざまな分野でにおいて、豊島区と区内企業・大学が個別に協定を結び、課題を解決し新規サービスの創出を行うことを目指しています。


 豊島区は315日、FFパートナーシップ第1号として、西武池袋本店と協定を締結しており、今回の締結はそれに続くものとなります。

10④ 10⑤
    昨年の1分アニメ部門最優秀賞「うたうせみ」と、
    キッズアニメ部門最優秀賞「宇宙をとびまわる猫」



 アニメ発祥の地といわれている練馬区は、昨年に引き続き、アニメ分野の人材発掘・育成を目的に「アニメコンペティション練馬2017」を開催します。主催は練馬区、練馬アニメーションの共催となります。

91日から1分アニメやキッズアニメなどの作品募集を開始し、来年3月に審査結果を発表し表彰式を行うそうです。

 今回のキャッチフレーズは「短くても楽しい、短いからおもしろい」。募集部門は「1分アニメ」(審査内容=3090秒の作品、応募資格=高校生以上)と「キッズアニメ」(手描きアニメ、6100)に、新たに「若手アニメチャレンジ」(レイアウト技能、アニメーター志望者および就業3年以内の若手アニメーター)を加えているのが特徴です。

 応募受付期間は9月1日()2018年1月31()。詳しくは公式ホームページで。(http://animation-nerima.jp/event/compe/)

10②
   文化庁の通知を手にする高野之夫豊島区長と木下広区議会議長


文化庁、豊島区は88日、2019年に日本・中国・韓国で開かれる文化芸術の国際的イベント「東アジア文化都市」の国内候補都市が豊島区に決定したと発表しました。正式には来年開かれる3ヵ国の大臣会合で決定される運びです。

「東アジア文化都市」は、日中韓の3カ国において文化芸術による発展を目指す都市を選定したうえで、各都市において多彩な文化芸術イベントや文化交流事業を通年で開催する国際的な事業。これによって、東アジア地域の相互理解と連帯感を高めるのが狙いだそうです。

日本では初開催の2014年以降、横浜、新潟、奈良、京都(現在、開催中)の各市で開催し、来年は金沢市で開くことが決まっています。豊島区が選ばれたのは、舞台芸術、まんが・アニメ、祭事・芸能の3つのイベントが開かれている実績が認められ形です。さらに、東京オリンピック・パラリンピックの前年に開くことによって、「東京」を文化の祭典によって盛り上げる意味もあるようです。

↑このページのトップヘ