春の陽気に誘われて、東武百貨店池袋本店に行ってきました。目的は、8階催事場で6日間にわたって開催される「食とコスメとやさしいくらし『NaturalOrganic Fes』」です(会期は43日まで)。

このイベントは、東武百貨店とナチュラル&オーガニックライフを提案するセレクト業態「Cosme Kitchenや「Biople by CosmeKitchen」を手掛がけるマッシュビューティーラボ(千代田区麹町)が、多くの方に「オーガニック」をもっと身近に感じてもらいたいという思いから開催の運びとなったそうです。

29-2-3
自然の風景をイメージした飾りつけ


 会場にはコスメ、食品、生活雑貨のほか、グリーンやピンクなど目にも鮮やかなスイーツ、ボリューム満点のサンドイッチなどが並んでおり、オーガニック商品の種類の多さに驚かされました。

まず訪ねたのが「Cosme Kitchen」。トレンドのオーガニックコスメは、月見草、ゴマ、マカデミアナッツなどを使ったオイルかベース。試してみると、濃厚なのに肌にスーッとなじみ、塗った後はつやつや輝いて見えました。色も香りも自然で、使い心地も気持ちいいと実感~ッ。

会場を回っていると、真夏の青空のようなブルーにハイビスカスの花をあしらったおしゃれなボトルが目に飛びこんてきました。フィジー産の天然水を使用した完全無添加のナチュラルミネラルウォーターを扱う「FUJI WATER」のブースです。常温でも美味しく飲むことができ、ケースで注文する人が多いのだとか。500㍉㍑入り、200円。「持ち歩いているとテンションが上がります。最近はインスタグラムにあげられることも多いんですよ」と担当者。納得です。

29-2-2
清涼感のあるボトルが印象的

試飲を勧められた角谷文治郎商店のブースでは、こだわりの三州三河みりんをひと口いただきました。風味もまろやかで口当たりもよく、甘いお酒を飲んでいるようでした。健康だけでなく美容にも効果が期待できると最近注目が高い発酵食品。積極的に摂り入れたいと思いました。

まだまだ紹介したいブースはたくさんあります。ぜひ、自然の香りにつつまれた会場に足を運んでみてください。イートインコーナーもあるので、スイーツを食べながら一休みするのもいいですね。

エコ関連やオーガニックてんこ盛りの各ブース。健康と美への意識が変わるかもしれませんよ。

29-2-1 29-2-4

トゥルーベリーのスムージーは色鮮やか(左) 米こうじで作ったはちみつのお酒(右)

 

【食とコスメとやさしいくらし「NaturalOrganic Fes」】
会  期:329日(木)~43日(火)
営業時間:10:0020:00(最終日は18:00まで)
    場:東武百貨店池袋本店 8階催事場