9-1-1

ショーケース内のメガカツカレー(模型)


 以前から気になっていたのが、練馬区役所職員食堂の「メガカツカレー」(720)。ギリシャ語で「大きい」といった意味をもつメガですが、単位としては106乗つまり100万倍というわけで、かなり巨大なカレーのようです。しかも安いのです。

 寒気につつまれた先日、ついに行ってきました。区役所西館の地下1階にある職員食堂に。ショーケースに並べてある「メガ」は、トレー(お盆)のような容器の大きさ。当方、身長160㌢台、体重50㌔台の小柄ながら、食は太い方だと思います。が、「完食できるかなぁ…」と思案しました。それでも、「時間をかければ完食でき、米粒ひとつ残すことはないだろう」と思い、券売機に1000円札を入れました。

 続いて、トレーを手に調理場のカウンターに。食券を確認したおばちゃんは「はい、メガカレーね」といって、しゃもじでご飯を大きな皿に盛り始めました。1回、2回、3回…と早くもてんこ盛り状態。まだ止める気配はないので、弱気になった私は「あっ、もうそのへんで…」とブレーキを促しました。まさに「敵前逃亡」です。

 しゃもじの手を止めたおばちゃんは、「それなら、大盛りにしたら」といって、嫌な顔ひとつせず別の皿を手に、手際よく「カツカレー大盛り」(570)に変更してくれました。差額も返してくれました。まさに神対応です。正午前ということもあって食堂は空いていたので、そのご好意に甘えさせていただきました。

9-1-2
カツカレー大盛り。みそ汁付き

 広々とした食堂のテーブルに着き「いただきまーす」。一般の方も利用できる職員食堂という性格からか、カレールーは辛さ控え目の万人受けする味でした。豚カツもまずまずの厚みがあり、カリッカリッとした歯ごたえも感じられました。みそ汁は、煮干しで出汁をとったのか、とてもおいしい一杯でした。

さて、気になるボリュームですが、結論からいえば食べ始めて10分ほどした頃から、だんだんと満腹メーターが上昇。街中の一般的な「大盛り」に比べても重量感があるようです。

9-1-3

「ごちそうさまでした。満腹です」


 別の機会に「メガ」に挑戦したいところですが、「大盛り」でも十二分。腹も身の内、無理は禁物です。ごちそうさまでした。そして、食堂のおばちゃん、有り難うございました。


【練馬区役所 職員食堂】練馬区豊玉北6-12-1 西館地下1