15-1 15-2
(左)『ゆきやこんこ』・(右)『桃太郎』
15-3 15-4
(左)『ヘンデルとグレーデル』・(右)『お正月・獅子舞』

「影絵」製作者、宮崎紀玖雄さん(豊島区在住)の原画展が1214日、区民ひろば朋友(豊島区東池袋2-38-10)で開幕しました。

鎮守の森や獅子舞いといった日本のふるさとを描いた作品など約40点を展示しています。会期は21()まで。日曜日も開館。時間は9時~17時。入場無料。東京メトロ「東池袋」駅から徒歩約10分、JR「池袋」駅から約15分。

宮崎さんの「影絵」については、本誌『池袋15‘』12月号の特集記事「伝統文化を支える人と技」の中でもお知らせしています。

 

≪作品の一例をご紹介します≫

※影絵は本来、背面から光を当てることによって、幻想的で鮮やかな絵柄が浮かび上がってきます。原画展などで〝実物〟を鑑賞することをお勧めします。