アジフライ付き520円定食を注文、コスパ最高!

ごはん600g+からあげ30個の定食あり



 こんにちは!様々な街の食事処を巡る不定期連載。第3回は豊島区役所から67分にあるからあげ専門店「天下鳥ます」です

 夏の猛暑も、
9月半ばを迎えた今となっては“懐かしい”感じさえいたします。とはいえ、疲れの出やすい季節だけに、体調管理は怠りなくしたいものです。

 そこで、美味しいものを食べようと、豊島区役所での取材の帰途、「天下鳥ます」に一直線…。「池袋東口店」で持ち帰りの「特製からあげ弁当」にしようと一瞬思ったけれど、その近くにある「からあげ酒場(池袋東口店)」に向かいました。

 このあたりは、行列のできるラーメン店や新興勢力のローストビーフてんこ盛りの店など、ランチの激戦区。いい香りも漂うし、若い店員の掛け声も聞こえてきます。それでも浮気心を封印して、「からあげ酒場」のあるビル2階に駆け上がりました。

 メニューをご紹介しましょう。定番の「からあげ定食」(520円)をはじめ、「コロから」(からあげ3個+コロッケ1個ほか、520円)、「魚フライとからあげ定食」(からあげ3個+白身魚フライ1枚ほか、520円)、「からあげタルタル丼セット」(500円)などいろいろ。驚きなのは、「超鬼スペシャル定食」(ごはん600g、からあげ30個、魚フライ、みそ汁、ポテサラ大盛り、キャベツ大盛り、小鉢付き、1,380円)。

 そんな中から「アジフライとからあげ定食」を注文。ごはん200g、からあげ3個+アジフライ1枚、それに、ほかの定食同様、みそ汁、ポテサラ、キャベツ、小鉢がついて520円です。アジフライやポテサラはそんなに大きくないものの、ワンコイン+20円にしては良心的な内容です。


11①

大満足のアジフライとからあげ定食(520円)



 からあげ専門店だけに、からあげは当然おいしい。いわゆるジューシーな感じで、塩味も濃くなく優しい味でした。


11②
「ごちそうさまでした」今日も完食です


個人的には、サイズ感を求めるなら「八丁堀食堂」(中央区八丁堀)のからあげ定食、表面カリッカリッで塩味濃いめを求めるならタンメン専門店「トナリ」(千代田区、TOKIAビル)のからあげ(たんめんとからあげセットで「タンカラ」と呼ぶ)などがお勧めですが、コスパの点では天下鳥ますの得点はとても高いと思います。

 店舗は全40席。有名・無名?タレントの色紙が50枚くらい壁にびっしり貼ってあるのには驚かされました。周りのお客さんは、ワイシャツ姿の会社員風の男性がほとんどで、あとは学生風がちらほら。「超鬼スペシャル定食」をオーダーする人が現れないものかと期待していたのですが、とうとう出現しませんでした。

 「お前が注文しろ!?」。ごはん600g、からあげ30個…は無理です。

 

※「天下鳥ます」を経営するアジアンアキンド(本社・豊島区高田)の代表取締役、松井理悦さんのインタビュー記事は、『池袋15´6月号(通巻215号)に掲載されております。以下、一部抜粋します。

 

25歳のときに創業。商号に「天下取ったるでぇ」の意気込みを表し、国内に19店を展開。5年後にはフランチャイズ店も含めて「100店舗体制を築きたい」考え。海外市場の開拓にも意欲的で、昨年出店したカンボジア・プノンペンの2店に続き、今年3月にはタイ・バンコク店をオープンした。

※その後、93日に赤羽店(北区赤羽西1-40-1 )をオープン

 美味しゅうございました!

【店舗情報】
「天下鳥ます からあげ酒場 池袋東口店」

170-0013 東京都豊島区東池袋1-23-5-1 新大同ビル2

営業時間 11:0024:00(ラストオーダー フード 23:15/ドリンク23:30

定休日  無休(2017911日現在)