20-1-1 20-1-2
現在の店舗。入口の扉には、松葉が紹介されてある
『まんが道』(藤子不二雄自伝)の一部が貼られてある

 
 かつて手塚治虫、寺田ヒロオ、藤子不二雄ら日本を代表する漫画家たちが居住し腕を磨いた伝説のアパート「トキワ荘」
(19521982)3月半ば、その近く(徒歩30秒~1分ほど)にあるラーメン屋「松葉」にお邪魔しました。若き日の漫画家諸氏が通ったとされる同店で、迷わずラーメンライス(正式名称は「トキワ荘ラーメンライス」)を頼みました。「ラーメン大好き小池さん」(モデルは鈴木伸一さんといわれています)がよく食べていたラーメンです。

20-2
旧店舗。撮影時期は不明だが、
「らーめん45円」とあるので創業間もない1950年代か


店内の壁には、著名な漫画家による色紙が所狭しと30枚ほど貼られてあります。それらを眺めながら待つこと78分。おばちゃんが、しょうゆ味のスープとストレート系の中太麺を組み合わせたラーメンを運んできてくれました。これに、ゆで卵1/2、わかめ、メンマ、チャーシュー、それに刻みネギがわきを固めています。これにライス+たくわんが付いて700円。

20-3-1 20-3-2
伝統を受け継ぐラーメンライス(700)
アルミトレーがいい雰囲気を醸し出している


 近年流行りの凝ったスープやこだわりの麺には目もくれず(
?)、素直な味を提供してくれるのがこの店の流儀。昭和30年代生まれのレポーターにとってはまさに「懐かしい味」といったところ。経営者が変わったこともあって、同店の正確な沿革は不明ですが、創業は1950(昭和25)頃とのことです。

20-4
トキワ荘跡地に建つモニュメント(20123月建立)

20-5
記念碑「トキワ荘のヒーローたち」(20094月建立)が建つ
南長崎花咲公園
(南長崎3-9-22)

トキワ荘を復元する「マンガの聖地としま
ミュージアム」
(仮称)の予定地でもある

 
 ゆっくり味わいながら
15分ほどして完食。水をおかわりし、「ごちそうさまでした」と言って横開きの扉を開けて小雨が降り始めた店外に。「かつて多くの漫画家たちは、この通り(通称・トキワ荘通り)一帯で暮らしていたんだなぁ、そんな感慨が浮かんできました。

 

・所在地=豊島区南長崎3-4-11

・営業時間=11:0015:0016:0021:00 定休日なし(要確認)

・最寄駅=都営大江戸線「落合南長崎」駅A1出口徒歩7分、西武池袋線「椎名町」駅徒歩10

4月号 表紙

3月20日(火)に『池袋15'』4月号が発行されました!

4月号の特集は、
【特別企画】くつろぎの“保養施設”徹底ガイド
おとなの気ままな癒し旅

福島から熱海まで~各区が提携する全15施設~

 「自分の住んでいる区に保養施設があることを知らなかった」「休日だけでなく、平日にも利用してみたい」など、昨年に皆様から好評をいただいた「保養施設」の情報を装いも新たにご紹介! 手順を踏んで申請すれば、国内の名所・観光地のお得で素敵な宿に宿泊することができます。豊島区・練馬区・板橋区・文京区の方は、ぜひ積極的に利用してみてください!
※先日、当ブログにも掲載した「湯河原」取材もこの特集のためでした。
 詳しくは下の記事をご覧ください。
4月号 編集① 4月号 編集② 4月号 編集③

 その他にも、4月18日の「よい歯の日」にちなんだ「歯科特集」(P.49~51)や、人気の各連載コラムなど盛りだくさんです!
※今回で連載企画「マンガ南長崎トキワ荘」(P.9)と「ちょいす」(P.18~19)は終了となります。ご愛読、ありがとうございました。

 プレゼント応募の方は下記画像をご覧のもと、右欄の「プレゼント応募フォーム」からご応募ください。
4月号 プレゼント

 ご応募、お待ちしております!

16-1
最近改装されたJR「湯河原」駅前のロータリー

 タウン誌の仕事をしていると、取材で遠方へ行くことはあまりありません。特に『池袋
15’』は東京城北エリアに特化しているので、よく近郊をウロウロ徘徊しています。

 そんな中、珍しく取材で遠方へ行くことになりました。場所は「湯河原」。神奈川県足柄下郡に位置し、皆様ご存知のように温泉地として有名な所です。古くから文豪、画家など多くの作家が逗留し創作活動を行い、各界の著名人が別荘を構えています。田舎者の私にとっては、地方にもかかわらず「テレビで観たことある!!」なミーハースポットの1です。

 14:00からアポイントだったので、少し早めに着いて食事に。駅からほど近く、「小田原漁港直送」の看板が目印のお店です。

16-2 16-8
アジの活け造りとアジフライの定食(1,600円【税別】)

刺身は良い歯ごたえ、フライは肉厚でふかふかでした

 
 注文したのは、アジの活け造りとフライがセットになった定食(
1,600円)。人生初の活け造り。写真撮影もそこそこに、いざ食そうと箸を伸ばすと…なんとアジくんが激しく動き始めました! 活け造りを嗜んだことのある方は当たり前の光景だ思うでしょうが、見るのも初めてだった私は「ビクッ」と挙動不審になってしまいました。

捌かれて間もない目の前のアジくんは、私に食されている最中もずっとピクピク動き、10分以上元気に脈打っていました(同行していたデザイナーは軽いトラウマ)。

これだけだと“グロ注意”の話になっちゃいますが、新鮮さを生かした食事は美味の一言。活け造りはもちろん、アジフライもふかふかでとても美味しかったです。私は海に近い街で育ったので魚の味にはうるさい方ですが、この味(アジ)には大満足でした。

16-3
五所神社 正門
16-4 16-5
五所神社は源頼朝挙兵の際に、部下・土肥実平が
その佩刀を奉納したといわれ、現存・社宝となっています
16-7
樹齢約850年の楠は見る者を圧倒します

 
 定刻に予定通り打ち合わせを行い、その後はせっかくならと近くの名所、「五所神社」(足柄下郡湯河原町宮下)へ。樹齢約
850年の御神木(楠)はそれはもう見事な大樹(樹高36㍍、胸高周囲8.2㍍)で、まさにパワースポット。健康・長寿・ボケ防止などの御利益があると言われています。

16-6
全自動で水が出てくる手水舎…文明ってすごい


 写真は撮り忘れましたが、社内には全七福神の石像が各地に祀られており、これを目当てに訪れる方も多いとのこと。湯河原にお越しの際はぜひ立ち寄ってみてください。

 

16-9
お土産の塩辛は絶品でした!


 あまり道草を食っていると上司に怒られてしまうので、湯河原探索もそこそこに帰路に着きました。お土産は大好物である塩辛を購入。辛口の日本酒や白ご飯と相性抜群でした!

 今度はぜひプライベートで行ってみたいと思います。…いつ行けるかなぁ。


 今回の取材をもとに
320日に発行する「4月号」の巻頭では、豊島・練馬・板橋・文京の各区が提携している民間の“保養施設”を近隣の名所とともに紹介しています。平日・休日を問わずお得に宿泊できる素敵な宿ばかりなので、ぜひ誌面を参考にして利用してみてください!

↑このページのトップヘ