26-1
店頭にはこんな看板があるのみ

 西武池袋線「江古田」駅近くのギャラリー併設型ベーカリー「ヴィエイユ」(練馬区旭丘1―56―2)で、織作家のshiroco(シロコ)さんの作品展「Makimono Exhibition 2018 Winter」が開かれている。会期は331日まで。入場無料。

26-2 26-3

(左)独特の風合い、落ち着いた色柄がいい
(右)ワークショップなどの際に使われる織機(はた)


大阪府出身の織作家shirocoさんの手織りのストールなどを展示。落ちついた色づかいに加え、糸の素材や織具合によって独特の風合いを醸し出しているのが特徴だ。ほどよい長さの房飾り(フリンジ)もアクセントになっている。

 同店は「江古田」駅から徒歩5分ほど。千川通り沿いの巣鴨信用金庫より3軒隣。ギャラリーを備えたパン屋さんなのだが、大きな看板は控えているうえ、織物や着物が展示されていることから和装店と勘違いされる人も少なくないとか。

26-4
本業であるパンは素材にこだわった逸品

 「パン」についても紹介しておこう。酵母(東京産ホエー=乳清)、小麦粉(北海道産)、砂糖(北海道産甜菜糖)、塩(沖縄産シママース)といったように、素材に徹底的にこだわっている。素朴な味もまたいいものである。

26-5

練馬区が所蔵する浮世絵師「歌川國貞」の作品を
採り入れた
shirocoさんの作品展のチラシ。
区の所蔵資料を無償で利用できる制度
「ねり魅deデザイン(文化芸術資産活用事業)」を活用した


Vieill Bakerycafe&Gallery
東京都練馬区旭丘1-56-2
営業時間は火~土1421時、日・祝1218

20-6 20-7
水野英子 『赤いくつ』の表紙(1957年、雑誌『少女クラブ』11月号
別冊ふろく復刻版)、
右は丸山昭さん


 トキワ荘跡地近くの休憩・案内施設、豊島区トキワ荘通りお休み処
(南長崎2-3-2)でパネル展示会「丸さんのトキワ荘物語 そして並木ハウス」が開かれています(527日まで)。主催は豊島区ほか。入場無料。

 「追悼 講談社『少女クラブ』元編集長・丸山昭」の副題をつけ、トキワ荘に集った多くのマンガ家たちと二人三脚でマンガ文化を育んできた故・丸山氏の功績をパネルで紹介しています。

415(14時~1730)には、丸山氏に育てられた一人で、日本の女性少女漫画家の草分け的存在でもある水野英子先生の「サイン本&グッズ販売会」を行うそうです。

丸山・水野コンビによる初の長編『赤いくつ』(B688)の自費出版本(限定400部、1,000)などを販売。〝トキワ荘の紅一点〟の水野氏と交流できる貴重な一日となりそうですね。(『池袋15’4月号より)

20-1-1 20-1-2
現在の店舗。入口の扉には、松葉が紹介されてある
『まんが道』(藤子不二雄自伝)の一部が貼られてある

 
 かつて手塚治虫、寺田ヒロオ、藤子不二雄ら日本を代表する漫画家たちが居住し腕を磨いた伝説のアパート「トキワ荘」
(19521982)3月半ば、その近く(徒歩30秒~1分ほど)にあるラーメン屋「松葉」にお邪魔しました。若き日の漫画家諸氏が通ったとされる同店で、迷わずラーメンライス(正式名称は「トキワ荘ラーメンライス」)を頼みました。「ラーメン大好き小池さん」(モデルは鈴木伸一さんといわれています)がよく食べていたラーメンです。

20-2
旧店舗。撮影時期は不明だが、
「らーめん45円」とあるので創業間もない1950年代か


店内の壁には、著名な漫画家による色紙が所狭しと30枚ほど貼られてあります。それらを眺めながら待つこと78分。おばちゃんが、しょうゆ味のスープとストレート系の中太麺を組み合わせたラーメンを運んできてくれました。これに、ゆで卵1/2、わかめ、メンマ、チャーシュー、それに刻みネギがわきを固めています。これにライス+たくわんが付いて700円。

20-3-1 20-3-2
伝統を受け継ぐラーメンライス(700)
アルミトレーがいい雰囲気を醸し出している


 近年流行りの凝ったスープやこだわりの麺には目もくれず(
?)、素直な味を提供してくれるのがこの店の流儀。昭和30年代生まれのレポーターにとってはまさに「懐かしい味」といったところ。経営者が変わったこともあって、同店の正確な沿革は不明ですが、創業は1950(昭和25)頃とのことです。

20-4
トキワ荘跡地に建つモニュメント(20123月建立)

20-5
記念碑「トキワ荘のヒーローたち」(20094月建立)が建つ
南長崎花咲公園
(南長崎3-9-22)

トキワ荘を復元する「マンガの聖地としま
ミュージアム」
(仮称)の予定地でもある

 
 ゆっくり味わいながら
15分ほどして完食。水をおかわりし、「ごちそうさまでした」と言って横開きの扉を開けて小雨が降り始めた店外に。「かつて多くの漫画家たちは、この通り(通称・トキワ荘通り)一帯で暮らしていたんだなぁ、そんな感慨が浮かんできました。

 

・所在地=豊島区南長崎3-4-11

・営業時間=11:0015:0016:0021:00 定休日なし(要確認)

・最寄駅=都営大江戸線「落合南長崎」駅A1出口徒歩7分、西武池袋線「椎名町」駅徒歩10

↑このページのトップヘ